高精度で低コストなハイスループット1細胞RNA-seq法Quartz-Seq2の論文を公開

Single-cell RNA-sequencing は、組織・臓器に含まれる細胞亜集団を発見したり、細胞分化の仕組みの解明に貢献しています。しかし、計測できる細胞数や遺伝子数に限りがありました。

そこで我々は、Cell barcoding, Molecular barcoding 技術と、改良された高効率の PolyA tagging 技術により、高い精度を保ちつつ、低コストな1細胞RNA-seq法Quartz-Seq2の開発に成功しました。Quartz-Seq2は、384ウェルプレートとCell sorterを利用して、1細胞を採取した後、バーコード技術により1細胞やRNA分子を標識した後、1本のチューブに混合し、シーケンスライブラリを作製します。これにより数千の1細胞RNA-seqを実施できます。1細胞のシーケンスコストは、わずか76円程度になりました。

論文の preprint を bioRxiv で公開しています。

Quartz-Seq2: a high-throughput single-cell RNA-sequencing method that effectively uses limited sequence reads

国際学術誌への投稿を済ませており、現在、査読・改訂が行われています。

RNA-seq blogで取り上げられました。