人材募集

我々と一緒に研究する方法がいくつかあります。気軽にご連絡ください。まずは見学からどうぞ。遠方の方は旅費を支給致します。勤務地は理研和光キャンパスと神戸キャンパス(2018年4月より)を選択できます。

研究員として参加する

  • 実験生物学からバイオインフォマティクス研究に転向したい。あるいは、両方を使いこなせる研究者を目指したい
  • 分子生物学や生化学、工学、化学、物理学を利用し、ゲノム科学の新しい計測技術を開発したい。あるいは、いち早く活用して生命の謎を解きたい
  • 機械学習、統計学、プログラミング、情報理論、ハイパフォーマンスコンピューティングなどを駆使し、生命情報を解析、理解する手法、計算機、ソフトウェアを開発したい

学振PDやDC、理研のフェローシップである大学院リサーチアソシエイト、基礎特別研究員などの身分で参加することも可能です。

学生インターンとして参加する

上記のようなことに興味がある学部生、大学院生、高専生などを常時募集しております。時給1500円で、勤務日数や時間は週26時間まで、平日午前9時から午後5時までの間で自由に選択できます。研究ができるブース、最新のMacBook Pro貸出(持ち出し自由)、ルートが与えられた専有できる仮想計算機(理研外からのアクセス可)、PCクラスタへのアクセス、Amazon Web Serviceの利用、書籍の無制限購入(ラボの資産になりますが貸出自由)などの補助をします。テーマやデータの持ち込みでも可です。また理研の研修生の身分が与えられます。現在の受け入れ先の研究室の許可が必要になります。

企業研究者の受け入れ

技術指導契約により受け入れ可能です。知財や論文については柔軟に相談に乗ります。テーマやデータの持ち込みでも可です。

実験研究者のデータ解析支援の受け入れ

我々のラボに、1週間から数ヶ月滞在して、バイオインフォマティクス解析技術の習得や自身のデータ解析などを実施するサポートをしています。研究ができるブース、ルートが与えられた専有できる仮想計算機、PCクラスタへのアクセス、書籍の無制限購入(ラボの資産になりますが貸出自由)などの補助をします。テーマやデータの持ち込みでも可です。チュートリアルなどの教育コースがあるわけではありません。そのかわり、近隣のブースにいるバイオインフォマティクス研究者に自由にいつでも質問することができます。学生の場合はインターンとして受け入れることで給与を支給することも可能です。

現在のところ、実験の習得を目的とした受け入れは実施しておりません。

共同研究を申し込む

まずは我々が公開しているプロトコール、ソフトウェア、ウェブサイト、書籍、論文等を読み、自身で実施できるかを十分に検討してください。それでも共同研究が必要な場合は、必ず提案するテーマに100%コミットする人材を用意してください。質問・相談のみであればいつでもお気軽にどうぞ。