研究室運営についてのFAQ

ここでは研究室への参加を検討するうえで参考になりそうな研究室運営のよくある質問とその回答を示します。

Q: 学会費や参加費、出張費、研究に必要なIT機器購入費は誰が出しますか?

A: ラボの研究費からすべて支払われます。個人が代表の研究費をお持ちの場合(科研費、さきがけ、基礎特研、学振など)は希望に応じてラボで支払います。私費で購入したIT機器の持ち込みはPIの許可が必要です。研究に関わる経費で個人が私費で負担することはありません。

Q: 研究の進捗管理はどのように行いますか?

A: 個人研究やプロジェクト研究ごとに、関連するメンバーが集まり、隔週から月1回の進捗会議を行います。これをプロジェクトミーティングと呼びます。だいたい1時間から2時間程度です。最新の生データや図などを持ち寄りデータを解釈したり、研究の方針などを議論します。また普段から進捗などをslackなどでリアルタイムに共有することを推奨しています。

Q: ラボノート管理や生データの取り扱い、研究倫理教育はどのようにしていますか?

ラボノートはどのようなメディアで書いても構いません。ただしラボノートは毎月末にPDFに出力してファイルサーバに置いてもらいます。進捗報告資料や生データなどもファイルサーバに保存します。年1回の契約更改の面談と論文投稿前に生データの有無、図との対応などを確認します。論文は投稿前に盗用剽窃チェックツールでの確認を義務付けられています。e-learningでの研究倫理教育の受講を義務付けています。

Q: ラボの定例ミーティングはどのようなものがありますか?

A: プロジェクトミーティングと事務連絡のための運営会議(金曜日10:00-10:30)、ラボ全員に研究紹介をするイベント (金曜10:30-12:00)があります。年1, 2回全員がプレゼンするProfesというイベントがあります。ウェット実験をする人は実験室運営のためのミーティングが週1回程度あります。

ちなみに、運営に関わる研究スタッフと事務スタッフのみが参加する予算管理ミーティング(月1)、各研究拠点のリーダーのみが運営を議論する運営会議(週1)で実施されています。これらの議論は運営会議にフィードバックされます。

Q: wet と dry は両方やらないとなりませんか?

A: 各自の希望を尊重します。ただし、wetだけで論文は書けないので初歩的なデータ解析が自身で実施できるようサポートします。ドライ研究者や研究支援者と協力してもらう場合もあります。両方実践する人も歓迎しますし、wetからdryへ、dryからwetへ転向するひともサポートします。

Q: 論文は誰が書きますか?

第一著者がドラフトを書きます。複数のメンバーで研究を分担した場合は第一著者と責任著者で議論した後、担当メンバーに執筆を一部依頼します。投稿前は英文校正を専門の会社に依頼します。また剽窃チェックツールの実行や投稿前の生データ保存確認などが義務付けられています。

Q: 研究テーマはどのように決めますか?

A: 個人研究型とプロジェクト型があります。個人研究の場合は当事者が発想したテーマを中心に研究を進めます。プロジェクト型は外部資金や理研内部競争的資金などの研究テーマの周辺で研究テーマを設定します。

いずれの場合も調査研究やパイロット実験の後、研究の方向性・テーマを決めます。その後、論文のアウトラインを執筆し、それに則って実験を進めます。研究結果に応じて研究の方向性を修正しながら、論文アウトラインを更新します。

いずれの場合も研究員、学生、インターンがそれぞれ第一著者で論文がかけるようなテーマ設定をします。

Q: 1細胞ゲノム科学以外のテーマでもよいですか?

A: 基本的にはゲノム科学とゲノムインフォマティクスに関連する分野であれば、1細胞に限らず自由に研究テーマを設定できます。ラボの予算や装置は限られていますのでその範囲で可能を事前に相談することになります。。また科学的価値についても議論します。プロジェクト型の場合はプロジェクトの趣旨の範囲に限定されます。

Q: どのような生物現象・疾患をテーマに研究していますか?

我々のラボでは特定の生物学的な現象や疾患を標的とはしていません。様々な生命現象や疾患に応用できるゲノム科学実験・データ解析技術の開発を目標としています。ただしどのような技術でも特定の生物学的な現象での実証が必要になります。また開発した技術の利点が活きるような生命現象への応用研究も実施しています。発生学、再生医療、がん、精神疾患、老化など幅広い分野への実証・応用研究を実施しています。実証・応用研究のテーマとなる現象や疾患は、技術開発者、共同研究者などと議論して決定しています。我々のラボには技術開発ではなく、我々の技術を活用した応用研究のみを目標として研究しているメンバーもおります。研究対象は各自の興味を優先して決定しています。

Q: 在宅勤務は可能ですか?

A: 2020/07月現在は可能です。ドライ研究者は在宅を推奨しています。その際はオンライン会議が可能なレベルのネットワーク環境を私費で用意してください。実験研究者はデスクワークのみの日は在宅勤務可能です。

Q: インターン終了後も一緒に研究できますか?

A: インターンに関わる内容で論文投稿を目指す人とその後も研究を継続する場合もあります。インターンが終了しても、大学の許可があれば研修生(無給)制度を利用すると、ラボのメンバーでいることができます。

Q: 企業の研究者ですが、ラボに所属して研究の指導や共同研究を実施できますか?

A: 企業の許可があれば、客員研究員制度で可能になります。研究に関わる費用や契約、知財の扱いなどはケースごとに相談できます。

Q: 社会人ドクターとして所属することは可能ですか?

A: 可能です。2020年度現在は1名所属しています。

Q: 論文を出すタイミングはいつですか? 一流誌でなければ論文は出さない方針ですか?

A: 任期やキャリアに合わせてベストなタイミングで論文を出すことを優先します。一流誌でないとだめというわけではありません。もちろん、可能な限りIFの高い論文誌に採択されることは目指しますが、どちらかというと研究の質や完成度、再現性などを重視します。

Q: 勤務スタイルはどのようになっていますか?

A: インターンは自分で事前に設定した時間帯や曜日に勤務します。研究員や研究支援者は裁量労働制なので自由に勤務時間を決定できます。ただしウェット実験をする人は安全性のために日中に勤務してもらうようお願いしています。ドライの場合も安全性や健康面から夜間の勤務は推奨しません。

生産性よく楽しく研究を進めるのが重要です。1日の研究時間よりも研究人生を長くしたほうが最終的にたくさんの時間を利用でき成果もでると考えています。その観点から長時間労働や徹夜は推奨しません。研究進捗・成果とその過程で評価され研究時間の長さではまったく評価されません。理研は土日は休日になります。研究上必要でない休日出勤は認めていません。許可される例としては細胞培養や一時的な生物試料のサンプリング実験などです。

Q: 研究員、テクニカルスタッフ、学生、インターンなどを募集していますか?

A: そのときの予算状況に応じますが常に募集しております。受け入れられる人数に限りがありますのでお問い合わせください。採用のプロセスは以下をご覧ください。https://bit.riken.jp/ja/join/

Q: どのような知識・スキルが必要ですか?

A: 基本的にはどのようなスキルでも、それに応じた研究テーマを設定します。またスキルや知識をつけながら研究を進めます。研究に必要となるスキルや知識については、「ゲノム科学研究に必要とされる事前知識」をご覧ください。研究を楽しめるか、生産性が挙がるかはスキルや知識にもよりますが、研究を最後まで続けるためのモチベーションのコントロールが自分でうまくできる人という感じがします。

Q: ラボはどのようにチーム分けされていますか? チーム間で競争はありますか?

ウェットは関連した研究テーマで大きく3つ程度のチームに分かれていることが多いです。各チームは互いに助け合う関係にあり競争関係はまったくありません。チーム内も同様です。各チームは別々の予算を元にしていますし、実験機器や部屋のリソースを一部共有していますが競合する場面はほぼありません。研究スタッフは自分が第一著者になるテーマを持っており、ほかの人とかぶったテーマ設定はされていません。各チームの指示系統ははっきりしていますが、チーム間で自由に議論・質問などが自然とされています。各チームをマネジメントしているシニアな研究員とPIはもともと同じ研究室や研究センターの同僚であり、関係が非常に良好でコミュニケーションもよく取れています。

ドライの研究はチームで実施することは少ないです。各自が独立したテーマを持って研究しています。ソフトウェアの実装・維持や計算環境の整備・維持などはテクニカルスタッフとチームを組んで実施しています。

各チームは月1日以上の進捗ミーティングがあります。また各チームが議論・連絡するslackチャンネルで密にコミュニケーションしています。

Q: どのような人が研究室と相性がよいですか?

A: 研究自体が楽しいと思えるひとがよいと思います。研究していると楽しみだけでなく失敗や苦しいと感じることもあります。それでも続けられる力となるモチベーションがあり、それをコントロールできることが重要だと思います。

定量的なデータと言語によるコミュニケーションを重視します。非言語的なコミュニケーションは得意としません。データにしろ感情にしろなるべく言葉にして共有してほしいと感じます。職位は上下関係でなくチームの役割を示していると考えています。常に互いの立場を尊重し、対等でフランクなコミュニケーションを取れるひとが受け入れられやすいと思います。職位によって態度を変えるタイプの方は馴染めないと思います。

研究効率化のため様々なICTツールを使います。このようなツールの利用に抵抗がないほうが馴染みやすいと思います。研究拠点が3つに分かれているためオンラインでのコミュニケーションが多いです。それぞれのキャラクターやスキル、やり方、感じ方に合わせてマネジメントする傾向が強いです。そのため自分から相談や連絡、報告などがタイプのほうが、楽しく生産的な研究ができている傾向があります。

研究の生産性と再現性を重視します。結果が伴わなければ楽しい研究を継続できません。また再現性がなければ再び成果を得ることができません。そのため結果のみならずプロセスも同時に重視します。

勉強が得意でも研究が得意とは限りません。未知の問題を発見したり解決したりするのが研究です。ここでは既存の知識を学び吸収することを勉強と呼んでいます。既知の知識の吸収は研究を有利にすすめるためには必要です。しかし、研究には未解決の問題に向き合うスキルがさらに必要になります。この違いをよくわかっている人が向いていると思いますし、わかりにくい人はそのスキルを学ぶか、ほかの業種に進むことをおすすめします。

Q. どのようなスキルの人材を求めていますか?

理研は研究機関であり教育機関ではありません。そのため研究成果を出すことが求められます。研究室や研究所の援助のもと、主体的に研究・研究支援が実施できる人材が求められます。理研や我々のラボに「何かを学びに行きたい」というよりは「自分のスキルやアイディアを活かして新しい研究を実施して成果を出したい」という方を求めています。そのためラボにないスキルやアイディアを持っている人が求められます。

Q: テクニカルスタッフのキャリアパスについてどのように考えていますか?

A: テクニカルスタッフは研究支援をする職業です。そのために必要なのは高度な技術力と被支援者とのスムーズなコミュニケーション能力の2つが必須です。そのために普段の技術支援だけでなく、技術向上のための活動をサポートします。具体的な新しい技術習得のために研究費や時間を割きます。また学会や勉強会への参加・発表を推奨しています。また被支援者である研究員とのコミュニケーションを効率化するためのITツールの使い方、ラボノートの付け方、データの整理方法、データ解析技術、進捗報告の仕方などを定型化し、指導しています。給与もスキルに応じて研究員より高い場合もあります。これらの活動の結果、無期雇用に転換された方(3名)や民間企業へステップアップ(1名)、ほかの研究機関への異動(1名)、他業種への転職(1名)をされたかたがいます。

Q: 研究室の運営に問題があると感じた場合はどうすればよいですか?

A: PIやラボ内外の相談しやすいかたに相談してみてください。それでも解決しない場合は、入所の際に理研の相談窓口を案内していますので、そちらに相談してみてください。PIに許可は必要ありませんしそれを妨げません。SNSに投稿するのは問題の解決につながらない場合が多いので推奨はしません。

研究室はある程度閉鎖的になりがちでローカルルールがあったりします。そのため所属している研究室が正常なのかを判断するには、ラボの外にメンターとなってくれる同業者や友人が必要になります。そのようなつながりを作るようことを推奨しています。繋がりをつくるために学会や勉強会への参加を推奨しています。ラボでは暗黙のルールがなくなるよう、なるべくルールやノウハウを文章化して開示する努力はしています。これらは固定したものではなくメンバーの意見でよりよく改善する努力をしていきたいと思います。