CIBiS Workshopで1細胞シーケンスとマイクロ流体装置についての招待講演

統合バイオメディカルシステム国際研究センター(CIBiS)ワークショップ 「数理・インフォマティクスとバイオ工学の接点」にて、センター研究員の團野さんが招待講演をしました。マイクロ流体装置で数千から数万の1細胞RNA-seqを実施するという話をしました。

團野宏樹、笹川洋平、二階堂愛. 1細胞解析で交わる次世代シーケンシングとマイクロフルイディクス

BMB2015で2件のワークショップでの講演があります

BMB2015では2件のワークショップでの発表。1件のポスター発表を行います。奮ってご参加ください。以下のリンクを開くにはオンライン要旨集にログインする必要があります。

NGS現場の会第四回研究会で発表

NGS現場の会はDNAシーケンス技術やそれを用いた研究に関わる研究者や技術者、ビジネスパーソンが集まる研究会です。実務的な情報交換・発信・議論を行うのが特徴的です。7/1-3に筑波にてNGS現場の会第四回研究会が実施されます。

バイオインフォマティクス研究開発ユニットからも以下のような発表があります。

また我々が開発した1細胞RNA-Seq法であるQuartz-Seqを利用して頂いた発表もありました。(漏れていたら申し訳ありません。)

では筑波でお会いしましょう。